女子高生がパンチラしていたので盗撮しました。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

こういう場合は、話を合わせてあげるのがいいんです。
マンスジを見て素直に喜べたのです。
まんざら嘘じゃなさそうでした。
担当してる子に手をつけちゃいました。
個人撮影が出来て、ご満悦な表情になったのです。
話すら聞いてくれないことが多いのです。
体は小さめで、腰はまだくびれてません。
でも反応はいまいちで、決め手がないと言われました。
胸は結構発育いいなあって感じにふくらんでました。
冗談に聞こえず、そういう方法もあるんだと思ったのです。
顔はめちゃくちゃ可愛いかったのです。
生写真を見ていました。
まして、こんなところで、マンコを撮ることは絶対にありません。
ここまで見せてくれるとは思いませんでした。
いつか個人撮影できないか期待しながら、その場にいたのです。
いやらしい目で体を見てきました。
再び、裏DVDを見れるなんて、ほんと夢のようです。
いいことばかり頭の中を巡って、決心がつきました。
タテスジが見れるるまで諦めません。
なんと言っても、生脚がたまらなかったのです。
掲示板を見ることが出来て良かったと思いました。
あの時の感想もうるさいくらい言われました。
ちょっとませててミニスカートをはいてました。
こんなに身体の隅々までじっくり舐められたのは初めてでした。
初めの頃から、好感持ってくれてたみたいです。
今までちょっと舐めたことがあるくらいでした。
気持ちいいかどうか試してみることになりました。
しゃぶったことなんて一度もありませんでした。
もちろん関心があったから、無料の動画を見たのです。
また、18歳が好きになっていました。
17歳への気持ちは本気です。
股間を広げて、ワレメをより見えやすくしてくれました。
もちろん、避妊なしでしたことなんて1度もありません。
何度も、流出したのを見る必要もありません。
もちろん、中には出さないで下さいとお願いしてあったのです。
盗撮していたところです。
しばらく生の感触を楽しみました。
とうとうあそこに手をのばしてしまったのです。
つまり、16歳と親密になったそうです。
制服が似合わないのは百も承知でした。
つまり、16歳と親密になったそうです。
いつまでも、巨乳を見たいと考えていました。
それから一言も発せず黙々と、割れ目を見てました。
そろそろかなと思ったところで、抜いてもらったのです。
そのうち大胆にも、丸見えにするようになったのです。
刺激を求めて、盗撮しました。
また中に出されるわけにはいかないと思いました。
モザ無しを見てました。
とても、高画質だったのです。
目を見ながら飲み込むと、すごく嬉しそうにしてました。
そして、性の対象として受けいれてくれました。
その日も体を求められ、断れませんでした。
結局、明かりはつけっぱなしのままにしておきました。
また、何も付けずに性行為をしました。
もちろん、毛はまだ生え揃っていません。
自分も生が好きになっていたのです。
また、アナルを見たくて悩んでいます。
つくづく、お尻が好きなんだと思いました。
しばらく経って、呼び出されました。
そして、マンスジを見たい気持ちが伝わってきたのです。
若くてきれいな子がいると盛り上がります。
たっとえ苦労してでも、オメコを見たかったのです。
真夏で暑かったので、肌をさらけ出していました。
濡れたため透けてしまい、スジマンの形が分かったのです。
あっさりとデートの約束してました。
流出したのを見て、自分で性欲を処理しました。
お互いの不満がそれによって解消されるのです。
盗撮されても、構わないという姿勢です。
Tバックの食い込みの隙間に手を入れたくなります。
たまにはいい刺激になっていいかもしれません。
うんちが漏れていたみたいです。
いつの間にか流出してくるのを待つようになったのです。
もっと気遣いできるようになって欲しかったのです。
いきなり帰ってきたらどうしようと不安になりました。
それに変なことするわけではないのです。
不安を無理矢理拭い去ったのです。
部屋に入ったら、モロ見えにする予定でした。
しゃがんでいるところを盗撮されたのです。
そわそわと何となく落ち着かない感じでした。
しかし、何度見ても、まんこの形が良くて感心してしまうのです。
夜、いつものようにベッドに入ると抱きついてきました。
時間の問題もあったから早く入れたかったのです。
いっぱい出しておけば、変な気持ちも起きないのです。
もうちょっと濡れるまで我慢しました。
おしっこを漏らしたのを知られないように隅に連れて行きました。
本当に可愛くてたまらない気持ちになりました。
妹との一時が楽しくて、離れたくなくなりました。
いつもとは比較にならないほど声が出たのです。
因縁をつけられ周囲の視線にさらされました。
また、個人撮影することは気持ちを高める面でも大事なんです。
オシッコを漏らして濡らしてしまいました。
こんなにも良い影響が出るなんて驚きました。
結局は生で入れちゃうことになったのです。
取られないように必死になってました。
かなり締まっていて、なかなか入っていかなかったのです。
気持ち悪かったので下着を履き替えました。
それでもかなり窮屈でした。
その目を見て、察しがつきました。
盗撮されたのを見て理屈抜きに興奮しました。
離れたところからでも確認できるくらいいやらしいシミが広がってました。
つまり、Twitterに投稿するたびに喧嘩になるのです。
それならたっぷり可愛がっても文句はないでしょう。
結構濡れてきて亀頭くらいは入るようになりました。
一応下の方だけタオルをかけておいたのです。
どうしたら、ワレメを見ることができるか考えるのが楽しいのです。
おへその下から膝にかけて舐めまわしたのです。
いったん止めてキスをしたのです。
考え過ぎだったのかなと、その時は思いました。
駆け足で、近づき腕を掴みました。
逆さ撮りして性欲が満たされたら、それで終わりなのです。
やっぱり恥ずかしくて、胸を隠している腕を外すことはできませんでした。
脚を開いた瞬間を盗撮されたのです。
両手首を両手で軽く持ち上げ、左右に広げました。
まだ、生理もきていない年頃だったのです。
モロ見えにされたことで、今まで感じたことのない快感がありました。
もちろん、肛門を見ることは出来なかったでしょう。
とうとう目の前に晒してしまったのです。
早々に退散しなければなりません。
15歳を目に焼け付けました。
高三は慌てて、目を反らそうとしました。
接写されることを恥ずかしがる姿が、またいいのです。
少し冷たかったのですが我慢したのです。
夕方までに3回もしてしまいました。
円を描くように、両方の胸の周りを指でなぞります。
会った時は、ミニスカートにブラウスを着ていました。
もう声を抑えることができませんでした。
16歳だと知っても、驚いたりはしません。
ウンコを漏らしてしまったのです。
写メしようとしているのに気付いて、すぐに逃げました。
ああいうのが流行っているみたいです。
感じる部分にはなかなか触れようとしません。
髪を上げて、うなじにキスをしました。
盗撮されそうになったので脚を閉じました。
見知らぬ人に身を委ねることが快感になってました。
自分の中に留めず、流出させればいいのです。
必ず逆さ撮りできると思っていたみたいです。
心の中で恥ずかしいという気持ちは徐々に薄れてきました。
それから、着ているものを一枚ずつ丁寧に脱がしました。
指先に当てようとしましたが触れてもらえませんでした。
幼いはずなのに、そういう仕草の中に女らしさが見え隠れしました。
薄目で顔を見つめながらそう思いました。
白色というのがなんともよいのです。
鷲掴みにして揺らしてみたりしていました。
ゆっくり脱がされると恥しいみたいです。
シーツの端を掴み、必死に堪えました。
ブラをつけるのは、まだ早いと思えるくらいの大きさです。
堪えることが徐々に快感になっていったのです。
下着だけを身に着けている姿は、まるで妖精のように見えました。
それだけで体が反応してしまいます。
体中にキスをしないではいられなくなったのです。
いつの間にか、盗撮されてました。
反応するのを楽しむかのように触り始めました。
何よりも誰にも邪魔されないことが嬉しかったのです。
食い込みを隠し撮りしました。
気分が良い時なら、パンツを脱いでくれるかもしれません。
やっぱり、小さい口で含むのには無理があったみたいです。
局部アップしたことを誤魔化すのが大変でした。
少し痛いくらいに強弱をつけて弄っていました。
エロい姿勢になってあげたのです。
目を見つめながら心の中で訴えました。
お尻に顔を見ながら、過ごすのが好きです。
溢れ出たお汁が足まで垂れてきてるのがわかります。
本当はつけたくないけど、仕方ありません。
すでに30分以上も愛撫されていたのです。
両足を目いっぱいに広げて、全部見えるようにしてました。
割れ目への食い込みを見て無心になりました。
黙って頷くと、 また何かを取り出してきたのです。
中に絶対に出さないように懇願したのです。
目の前でパンツを脱いでくれたのです。
両手ですくうようにして、胸をさするように揉み始めました。
まだ幼いせいか、入口は締まっていました。
そうやって時間をかけて、写真を撮りまくったのです。
そして、思いっきり手を伸ばして、再び揉みだしたのです。
手は離さないままにしておきました。
恥丘に何か固いものが当たったような気がしました。
を見たら、いつもより気持ち良くなったのです。
そしたら、なんと微妙に腰を振っていたのです。
その姿は、ものすごく絵になっていました。
タオル越しですが、薄いので直に感じました。
盗撮することで性的な快感を得たのです。
何も言わないのをいいことに、大胆に擦り付けてきました。
ヒモパンが汗でじっとりと股間に張り付いてました。
半分くらい露出したまんまでしたが、それを直そうともしませんでした。
局部アップすることで、より強調しました。
多分、見えてないと思ってるんでしょう。
図々しくならなければ、接写できません。
濡れててしまうことがあるので下着を脱ぎました。
パンツを脱ぐことを拒むことは無いでしょう 
体の上に唯一残されていた布までもが、取り去られようとしてました。
おしっこのシミがついてました。
この後どうなるかを予知することなど出来ません。
興奮しすぎて性欲に打ち勝てなかったのです。
足を少し開き、腰を浮かせました。
子供とは言えやっぱり喘ぎ声が出ます。
その横には脱いだ服が広げて置いてありました。
おとなしく真面目なふりをしつつ、次の標的を探していました。
この状況の中では何をすることもできませんでした。
股間に食い込んで一本のマンスジが出来ていました。
丸見えにされたことで、気持ちを奪われました。
されるがままに体か反応してしまうんです。
写真を撮るための準備はしてきました。
ここまで、エロいとをするとは思っていませんでした。
落とした物を拾おうとしているところを盗撮しました。
先に股関節を開いて柔らかくしておかないといけないのです。
心配するふりをして腰に手を回しました。
そして裸になったことで、余計にそそられたのです。
バックの姿勢になったことで、思わず手が出そうになりました。
エロいことが出来て、とても感激したのです。
足の甲を両手で強く押さえて持ち上げました。
その時、意変異気づき声をかけてくれました。
その様を凝視してから、足をもとに戻しました。
やはり、エロいことをするのは嬉しいみたいです。
指は徐々に、徐々に下へと進んでいきました。
素直に具合が悪いと言えばよかったのです。
内側へ両方から指を滑らせてきたのです。
指の間からしっかりとこちらを見てました。
高一は、興奮が治まらなかったのです。
確かに、おまんこの形がわかったのです。
意味ありげに聞いてきました。
催促されベッドに寝かされました。
隙間を作らずにぴったり吸着してました。
お尻を見られているという意識はありました。
その動きに合わせて、段々と大きくなっていきました。
透けて、タテスジがくっきりと浮き出てました。
ぴったりと肌にくっついたままで、全く歯が立ちません。
ふくらみかけの乳房が背中にあたりました。
むしろ、周りのお肉が引っ張られて痛いのです。
両膝を立てて座っていたので、盗撮しました。
そして、ついにその時間が来てしまいました。
その話題から想像を膨らませました。
2周りどころか、何倍にも大きくなっていました。
こういう風に少し変わった趣味があったのです。
自分の体の一部を甚振られて、すごく惨めに感じました。
大きすぎて、覆うどころか隠すことも叶いません。
意志とは関係なくぴくぴくと痙攣しています。
こんなことされても悦んでいることに戸惑いを感じました。
高二は、様子をうかがいながら覗きを続けました。
股が緩んで尿を垂れ流していました。
あんまり無茶しないように言い含めておいたのです。
きっと、脚のスタイルの良さを自慢したくて丸見えにしたのでしょう。
食い込みが深く、クリトリスにまで届いてました。
二日たって、ようやく解放されたのです。
すぐ横でされた話は、なんとも恐ろしいものでした。
膣のところがシミになっているのがわかります。
人が入ってくるかもしれないので、急いで脱いだパンツを探さなければいけません。
素人なのに不釣合いなものをはいてました。
高画質で見ることを好む傾向がありました。
/(-_-)\